MENU
youtubeで料理してます★

面倒くさがりな私が始めたシソ家庭菜園で失敗した3つのこと

2021 7/03
面倒くさがりな私が始めたシソ家庭菜園で失敗した3つのこと

私は基本「適当、めんどくさい」で固められている人間です。

ちょっとケチな部分もあります笑
そんな私が始めた家庭菜園。

育てた野菜はシソです。

なんでシソなのかというと、
同棲してから料理担当となった彼が作る
『大葉とツナの冷製パスタ』のせいで、シソにハマってしまいました。

くーくんのお手製『大葉とツナの冷製パスタ』

美味しすぎて色々アレンジしながら毎日のようにシソを食べていたため、
もう作った方が安い!!となりました。

家庭菜園は下の画像のを理想としていました。

サラダにちょっとアクセント欲しいな〜
ちょいと野菜食べたいな〜
野菜切らしてたな〜

って時にヒョイっとベランダに出て回収出来るイメージを持っていました。

しかもおしゃれでインスタ映えする。

そんなこんなで家庭菜園がスタートしたのですが、そううまくはいきませんでした。

目次

しそ家庭菜園で失敗した3つのこと

【失敗1】臭い土

野菜といえば最初は土!!

恥ずかしながら私たち何も知らなさ過ぎて、

肥料用の土を買いました。

土っても色々あるなあ。

くーくんのアイコン画像くーくん

これで大丈夫だよきっと!栄養あるし!

もちろん肥料用の土だけを使いました。

結果は、

とにかく臭い!!!(当たり前)

臭すぎて速攻でベランダに出してしまいました。

しかも虫が集まる・・・。

コバエも苦手な二人。

無農薬も頑張ればなんとかなるかもしれませんが、
種から育てる超初心者なので、初めはやっぱり肥料の力は借りたい・・!

しかし、

・土に肥料を混ぜたとしても、虫が寄りやすい(集合住宅なので隣にも迷惑)
・ベランダ栽培だと水やりサボりそう(室内だと目に入るから忘れない)
・土の廃棄問題(燃えるゴミに出せるものと出せないものがある)

上記の点に気づき、無理だーと泣く泣く肥料は廃棄。そして夢のベランダ栽培を断念しました。

ベランダ栽培は芽がある程度大きくなってからリベンジします!

土は肥料だけじゃダメです。

【失敗2】種が多すぎた

スーパーで売っているような種は私には多すぎでした。
広い土地を持っている人用に向けて売られている量でした。

結局まだ半分以上残っています。
残りは野菜室にIN。

とりあえず1つでも発芽すればいいなと思い、
スポンジに3粒ずつ置きましたが、運良く3つ全て発芽した時は発狂しそうでした。

なぜなら間引きしなければいけないから・・。

比べて元気無さそうな子、枯れかけている子を泣く泣く間引きしました。

最初は百均で売っている少量の種袋から始めた方が良いかもしれません・・!

私も次の野菜は少量のを買う予定です。

初めは百均で売っているような少量の種袋からスタートがおすすめです

【失敗3】保湿を忘れた

水栽培の中にスポンジ栽培があることを知った私。

ダイレクトにスポンジに種をON!!

そしてすぼらで適当な人間なりに水やり頑張っていました。

それでもなかなか芽が出てこないなあって思い、一からスポンジ栽培を勉強したところ、

なんとトイレットペーパーで被せている人がいる!!

白いのがトイレットペーパーです。

スポンジと種が密着出来るよう、上からトイレットペーパーを被せる。
そしてスポンジの表面が乾かないように意識も必要です。

人間も保湿パックが必要なようにスポンジの表面にも保湿必要!!

トイレットペーパーだと、画像のように芽が自力で破りやすいです。

私はこの方法で8割は発芽しました!

残念ながら発芽してないものは観察した感じ、

・スポンジに定着出来ず流れたもの
・単に不良種・・??

また発芽はしたけどもスポンジに絡みつけず虚しく流れている子もいました。

スポンジ栽培で種から育てる場合、トイレットペーパーで保湿を!

最終的には水栽培に落ち着きました。

憧れは土での栽培ですが、
マンション住みであること、
管理が出来ないこと、
室内で栽培したい気持ちに変わったことにより、最終的には水栽培に落ち着きました。

まとめ

料理担当のくーくんのパスタがきっかけで、
シソの家庭菜園を始め、色々ありましたがスポンジによる水栽培で落ち着き、
すぼらで適当な人間な私の元でもここまで育ってくれました。

失敗もありましたがその分楽しいです。

種から育てるの意外と愛着湧きますよ笑

毎日可愛い可愛いって二人で眺めています。

この記事を書いた人

こんにちは!
ほーちゃんメインのブログです。
健聴者の彼との日々などを書いています(๑˃̵ᴗ˂̵)

目次
閉じる